ダポキセチンとは、早漏など射精を適切なタイミングで行えない方を手助けする為の成分です。これを含む製品を服用すると、パートナーにも喜ばれて素敵な夜が戻ってきます!ダポキセチンを含有する薬で改善してみませんか?

ダポキセチンの効果と3秒で射精する人のための呼吸法

ダポキセチンはSSRIの薬なので、夏の暑い時期に服用すると日光に対して皮膚が過敏に反応することがあります。しかしセックスの1時間前に服用するだけならば特に問題がないので、副作用の心配もほとんどありません。SSRIは脳内のセロトニンの量を一定にする薬で、セロトニンが不足することによる不安や緊張を和らげます。また射精までの時間を長くすることができるので、早漏を予防することができます。セロトニンは体を動かしたり、光を浴びることで分泌させることができますが、ストレスを感じやすい人は、分泌されたセロトニンが脳内に吸収されるので不足してしまいます。早漏の症状は個人差があるので、1分程度挿入状態を維持できる人もいれば、3秒くらいで射精してしまう人もいます。極端に射精が早い場合には、呼吸を整えるなどして、精神的にリラックスをすることが大切で、脳が誤った情報を伝達することで、早漏が起きているので、何度もセックスをして射精までの時間を長くしなければなりません。ダポキセチンは射精までの時間を3分程度長くするとされていますが、実際には5分以上も長くなるという人もいます。これは脳内のセロトニンの分泌に関係していて、健康な人は十分に分泌されていないので、過剰な状態になりやすく、性欲が低下したり、興奮が抑えられることで射精がなかなかできなくなります。早漏を改善するためには、認知行動療法を行って、セックスの時に緊張したり、不安になるのを防ぐことが重要で、そのためには、何度もセックスを繰り返して経験をすることが大切です。早漏だからといってセックスをしなくなると症状が長引いてしまうので、男女のコミュニケーションにも消極的になります。