ダポキセチンとは、早漏など射精を適切なタイミングで行えない方を手助けする為の成分です。これを含む製品を服用すると、パートナーにも喜ばれて素敵な夜が戻ってきます!ダポキセチンを含有する薬で改善してみませんか?

えっ!?ダポキセチンも効果的ってホント?

ダポキセチンで本物の男になる!
▲ダポキセチンを使ってパートナーを驚かせよう!

ダポキセチンは、もともとはうつ病の治療薬として用いられていた、抗うつ剤でした。
この薬は、セロトニンの取り込みを阻害することで、セロトニンの脳内の濃度を高めて、うつの症状を緩和していたわけですが、この薬を利用した場合、遅漏になった人が多かったために、ダポキセチンが早漏の治療に効果があることがわかり、早漏対策として使用されるようになりました。
脳内のセロトニンの濃度が少ないと、ノルアドレナリンやドーパミンといった興奮を呼び覚ます成分を抑制することができないため、早漏となりますが、濃度が高いと、これらの成分の効き目を抑えこむことができるため、射精に至るまでの時間を長くすることが可能となるわけです。
そして、ダポキセチンの使用方法はといえば、性行為の1~3時間前に服用するのが一般的です。
効果の持続時間は数時間程度で、飲んでから1.2時間後には血中の濃度がピーク時の半分となるような薬なので、副作用のリスクが少なく、安全性の高い薬、といわれています。
また、EDの人で、早漏にもなっていて悩んでいる人も少なからずいますが、こういった事情に配慮して、バイアグラの成分シルデナフィルとダポキセチンの両方が配合された薬も多数販売されています。
最後に、ダポキセチンの入手方法ですが、この薬はまだ日本国内で厚生労働省の認可を受けていません。
しかし、認可を受けていなくても、取り扱っているクリニックなどに行って、処方してもらうことは可能です。
ただ、どこの病院でも扱っているわけではないので、確実に手に入れるならば、法律で認められている、薬の海外からの個人輸入を利用して、通販で購入するのが、一番わかりやすくて簡単な入手方法です。

ダポキセチンの副作用を恐れない為の心得

用法用量を守って使うのが医薬品の特徴であり、ダポキセチンであってもそれは同じです。
しっかりと決まりを守って服用すれば安全に使える医薬品です。世界で60か国以上で使われていますが、日本ではまだ認可されていないことで危険が高い医薬品である認識を持っている人もいます。しかし日本はセックスにおいて語れるような寛容な文化ではありません。射精のスピードが速いことでどんな悩みが生じるのかを理解するのに時間がかかってしまう国です。そのような事情もひとつにされており認可されていないだけであり、用法用量さえ守れれば安全に服用できます。
副作用はほてりや吐き気などありますが、比較的出にくいことで知られています。仮に出たとしても、使い続けることで改善することが多いです。ただし飲み合わせが悪い医薬品もあります。抗真菌剤、抗生物質は注意が必要です。またダポキセチンは抗うつ剤として使われており、その副作用から早漏改善薬が生まれました。
よって抗うつ剤と一緒に服用すると効果が強く出てしまうこともあります。医薬品との併用はリスクが伴いますので、服用するときは自分の持病を治療する主治医に相談してください。あと基本ですが、心臓病、肝障害や腎障害の持病を持っている方は服用しないようにしましょう。
世の中には副作用がでにくく、効果を顕著に出す医薬品があります。ダポキセチンが含まれる早漏改善薬も同じことが言えます。副作用が少ない医薬品ですので、用法用量さえ守れば安全に服用できます。それを確認するために、ダポキセチンが配合された早漏改善薬を処方してくれるクリニックで処方してもらいましょう。個人輸入であれば安く購入できますが、安全性を求めて必ずしておきたい診察です。

ダポキセチン含有の薬を賢く入手する方法

ダポキセチンは射精のコントロールができる成分として販売されていて、世界初の飲む早漏防止薬として販売されたプリリジーを始め、多くの治療薬に使用されています。
中にはED治療薬の成分と一緒に配合され、勃起不全と早漏症の2つの症状を一度に改善することのできるハイブリッド薬にもなっています。ダポキセチンの働きは脳内の伝達物質であるセロトニンの分泌量を調整することで、性交による緊張や興奮を静めます。精神を安定させることで、射精へのスイッチを抑え、早漏を改善するというものです。
ダポキセチンを配合した治療薬は、現在の所日本では認可されていないので、病院で処方してもらうことができません。一部の輸入が認められたクリニックで購入することもできますが、首都圏を中心に非常に少ないので、クリニックを見つけるだけでも骨が折れます。また、健康保険は適用されず購入価格は高価なものとなるので、出費を抑えたいのであれば別の方法を考えましょう。
医薬品の購入は病院による処方以外にも、インターネットを利用すれば個人輸入代行サイトから手に入れることもできます。海外の医薬品を購入するので処方箋は必要なく、診察なども受けなくて済むので、費用や手間といったものが大幅にカットできます。基本的に薬代だけで済むので、安く購入できるのが個人輸入のメリットと言えます。
ダポキセチン含有の薬は、先発医薬品であるプリリジー以外にも、同じ成分を使用して製造コストを下げることにより価格を抑えたジェネリック医薬品、前述の用に2つの成分を配合したED治療薬があります。目的によって自分の好みで選べるので、ライフスタイルなどを考慮して購入するものを選択すると良いでしょう。

◎ダポキセチンが配合されている早漏治療薬を通販で手に入れませんか?
早漏防止薬の通販サイト紹介
◎ダポキセチンを配合しているスーパーPフォースを是非お試しください
スーパーPフォースの効果